長野五輪1万円金貨買取 | ダイヤ・宝石・金買取なら東京銀座・自由が丘で創業62年の福助へ

金買取・プラチナ買取価格日本一に挑戦!

長野五輪1万円金貨買取

本日の金貨買取価格

更新日時 2017年6月29日(木)
金貨買取価格表 重 量 本日の買取価格(税込)
長野五輪冬季競技大会記念 1万円金貨 15.6g 68,515円
  • 買取レートは、毎日午前10時と午後1時00分の2回更新されます。
  • 相場急変時には午前と午後で価格が変わりますので、予めご了承下さい。
  • 手数料無料、量の多少に関わらず、表示している金額でお買取させて頂きます。
  • お客様の目の前で、0.1g単位まで計量いたします。

※ホームページや店頭で高い価格を表示していても「業者向け価格」「買取基準価格」など紛らわしい表現で、個人のお客様には低いレートを適用し、実際の支払い価格が安くなってしまうお店がございますが、当店では、個人の方・業者の方でも金買取価格に差はありません。   手数料などで支払い価格を減額することも一切ございませんのでご安心ください。

福助は明瞭会計

買取・鑑定のご案内

銀座・自由が丘の店舗案内

◆創業61年の福助では、買取店が初めての女性にも安心してご利用いただけるよう、どなたにも入りやすいお店づくりを心がけております。経験豊富な鑑定士が査定・見積もりを担当しますので、スピード査定が可能です。お時間が無いときでもお気軽にご利用ください。

◆東京銀座店はプランタン銀座やマロニエゲートそば、並木通りと柳通りの角地にある銀楽ビル5階にございます。最寄りの銀座1丁目駅5番出口から徒歩1分、有楽町駅D8(東京交通会館)出口からも徒歩3分とアクセスしやすく、仕事帰りやショッピングのついでに沢山のお客様にご利用いただいております。

◆大岡山店は東急目黒線・大井町線の大岡山駅から徒歩1分なので、自由が丘や二子玉川からも乗り換え無しでアクセスしやすい立地です。 1階店舗ですので、お子様連れや高齢者の方にもご来店いただきやすくなっております。

長野五輪冬季競技大会記念1万円金貨の買取について

長野五輪冬季競技大会記念1万円金貨は、平成9年から10年にかけて造幣局から発行された記念金貨です。

絵柄が異なる3種類が製造されました。同時発行された銀貨・白銅貨を含めると、冬季オリンピック種目をモチーフにした9種類ものデザインが存在することになります。
日本で開催された国際的な大会であるオリンピックの記念硬貨という点も含めて、コレクション人気が高いコインといえるでしょう。 そんな長野五輪冬季競技大会記念1万円金貨の価値と買取についてご紹介します。

長野五輪冬季競技大会記念1万円金貨の種類

長野五輪冬季競技大会記念1万円金貨は、1998年(平成10年)2月7日から22日にかけて長野県で開催された冬季オリンピックを記念して発行された金貨です。
長野オリンピックは、20世紀最後の冬季オリンピックであり、また今まででもっとも南に位置する都市で行われたという点からも歴史に名を残しました。
そんな長野オリンピックを記念した金貨は、開催に先駆けて平成9年から3種類発行されています。

金貨は直径26ミリ、重さ15.6グラム。純金製で、裏面はすべて長野県の県花であるりんどうがデザインとして使われています。各5万5千枚ずつ製造されました。
表デザインはそれぞれ、以下の通りです。

・第1次(平成9年)ジャンプ。
・第2次(平成9年)フィギュアスケート。
・第3次(平成10年)スピードスケート。
日本で発売された初のプレミアム金貨で、すべてプルーフ貨幣セットとして販売されました。

ちなみに5千円銀貨のデザインは第1次から順に、アイスホッケー、バイアスロン、パラリンピック・アルペンスキー。裏面はすべて長野県の県獣であるカモシカです。
直径30ミリ、重さ15グラム。銀の含有率92.5パーセントのスターリングシルバー製になっています。各5百万枚発行されました。

500円白銅貨は表面がスノーボード、ボブスレー、フリースタイルスキー。裏面は長野県の県鳥のライチョウになっています。
直径26.5ミリ、重さ7.2グラム、銅75パーセントにニッケル25パーセントの銅合金製で、発行枚数は各2千万枚です。

長野五輪冬季競技大会記念1万円金貨の価値

長野五輪冬季競技大会記念1万円金貨は3種類ありますが、1種5万5千枚しか発行されていません。
しかもすべてプルーフ硬貨と呼ばれる、より美しく見えるように表面を加工した特別な金貨になっています。
この点だけでも、日本で発行されている記念金貨の中での希少価値はトップクラスです。

またテーマは20世紀最後の冬季オリンピックであり、しかも日本代表は冬季オリンピックでは初となるメダル獲得数2桁を達成した大会でした。(金5、銀1、銅4、計10個) つまり、長野冬季オリンピックは日本人にとって歴史に残るイベントなのです。

だからこそ、そんな歴史的大会を記念して発行された長野五輪冬季競技大会記念1万円金貨はコレクション的な人気があります。
長野五輪冬季競技大会記念1万円金貨は、金としての価格以上に価値がつく可能性が高い収集型金貨といえるでしょう。

長野五輪冬季競技大会記念1万円金貨の買取で気をつけるべき点

長野五輪冬季競技大会記念1万円金貨はすべてプルーフ硬貨で、プラスチックケースなどで保護されています。
表面の美しさも価値のひとつであるプルーフ硬貨は、傷がついてしまうと査定額が下がってしまうからです。

プラスチックケースや保護ビニールに入っていない長野五輪冬季競技大会記念1万円金貨は買取しない、と公言する買取業者すらあります。
ですから、必ず付属のケースを外さないようにして、大切に保管しましょう。 また長野五輪冬季競技大会記念1万円金貨は、同じタイミングで発行された5千円銀貨と5百円白銅貨とセット販売されていました。
買取のときに記念硬貨3点セットで持っていくと、その分高く鑑定されます。

長野五輪冬季競技大会記念1万円金貨に限りませんが、記念金貨は購入時の状態をできる限り保って買取店に持っていくことが、一番高額買取に繋がるのです。

長野五輪冬季競技大会記念1万円金貨の買取は、買取福助にお任せください

長野五輪冬季競技大会記念1万円金貨は、日本人にとって歴史的な意義がある長野冬季オリンピックを記念した金貨です。
プレミアム価格で販売されたプルーフ硬貨であり、発行枚数も少なく、貴重な収集型金貨だといえます。 だからこそ金としてだけでなく、コレクション的な価値まで評価できる鑑定士でなくては、正確な査定はできません。

買取福助には、それができる経験豊かな鑑定士がおります。 もしあなたが長野五輪冬季競技大会記念1万円金貨を買取にだそうとされているなら、ぜひ当店にご連絡ください。
金としても収集型金貨としても正確に鑑定し、真の価値を見定めて買取いたします。

  • 店頭買取
  • ライン査定
  • お問い合わせ

買取福助 銀座店

銀座店の外観

〒104-0061
東京都中央区銀座2丁目4-1 
銀楽ビル5階
◯銀座1丁目駅から徒歩1分!

電話:03-6263-0789
営業時間:11:00~18:00
定休日:日曜・水曜

銀座店の地図はこちら

買取福助 大岡山店

自由が丘近くの大岡山店の外観

〒145-0062
東京都大田区北千束3丁目26-14
◯自由が丘至近!大岡山駅から徒歩1分

電話:03-6425-9735
営業時間:11:00~18:00
定休日:日曜・水曜

自由が丘からの地図はこちら

営業カレンダー

トップへ戻る