カラーダイヤについて | ダイヤ・宝石買取なら東京銀座・自由が丘で創業62年の福助へ

宝石・ダイヤの買取なら東京銀座・自由が丘の福助

カラーダイヤの買取

カラーダイヤモンドについて

昔からダイヤモンドは無色透明がもっとも価値が高いとされてきました。 ダイヤモンドの評価基準を表す「4C」には、カラー(Color)という項目があります。このカラー評価は、無色の度合いをDを最高として最下位のZまで、アルファベット順に23段階でランク分けしています。

このように細かく分類するほど、ダイヤモンドにとって「無色」は重要なのです。 しかし、今では色があるダイヤモンドも人気が高まってきました。 4Cのカラー評価ではZ以下に該当しますが、鮮やかな色のダイヤモンドは希少性が高く、無色に匹敵するほどの価値を有するようになっています。

このようなはっきりした色のダイヤモンドのことを、ファンシーカラーダイヤモンドといいます。
このファンシーカラーダイヤモンドには、大きく分けると2種類あることはご存知でしょうか。 それは「イエロー系」と「その他のカラー」です。

イエローはダイヤモンドの基本色

実はほとんどのダイヤモンドは薄い黄色もしくは褐色がかっています。前述した4Cのカラー評価はこのイエロー系の色の程度を選別する評価基準です。 黄色や褐色はダイヤモンドにとって基本色といってもいいでしょう。だからこそ、無色のダイヤモンドは数が少なく価値が高いのです。

同時にイエローカラーのダイヤモンドはもっとも数が多いことになり、希少価値からすると低くなってしまいます。
薄い色ではカラー評価のSからZの範疇に入ってしまい、高く評価されません。

つまり、イエロー系のダイヤモンドにとって大切なのは、いかに色がはっきりとしていて美しいか、に尽きるのです。 カラー評価でいえばZ以下。4C評価から外れるほど鮮明な色になれば「ファンシーイエローダイヤモンド」と称されて格段に人気が高まり、無色ダイヤを超えることすらあります。 底辺からの逆転劇。ファンシーイエローダイヤモンドはそんな希少宝石なのです。

その他の色は存在自体が希少なダイヤモンド

ダイヤモンドといえば無色のイメージですが、前述したように本来は薄い黄色か褐色こそダイヤの基本色です。 そしてダイヤモンドのカラーバリエーション自体は、実は驚くほど幅広くあります。 ピンク、ブルー、グリーン、レッド、オレンジ、パープル、ブラウン、ブラック、ホワイト。
カラーによっては「ローズカラー(薔薇色)」「モーブ(紫がかった赤)」「コニャック(オレンジがかったブラウン)」「シャンパン(薄いブラウン)」と特別な呼び名がついているダイヤモンドもあります。 実際にみるとダイヤモンドの無色なイメージが覆るほどです。

ただし、これらファンシーカラーダイヤモンドが産出することは非常に稀で、希少価値は完全無色のダイヤモンドに匹敵します。

それはカラーの発色原因が、もともとダイヤモンドに備わっていない要素によるからです。 たとえば本来ダイヤモンドにはない別の元素が含まれたり、放射線によって結晶構造が乱れるとブルーやピンク、ブラウンといったダイヤモンドが生まれます。
これら発色原因はダイヤモンドが生まれる環境による影響が強いため、ファンシーカラーダイヤモンドはどこでも産出するわけではありません。オーストラリアのアーガイル鉱山など世界でもほんの一部に限られます。 そのため、希少価値が高まるのです。

また、非常に微妙なバランスの上で発色するため、石によって色の明るさや濃さがまったく違います。 カラーの明度や彩度はもちろん、カットによる影響、見た角度による色の変化・ムラなど、些細な違いだけで人気や需要が変化し、価値に大きな差が生まれます。
だからこそファンシーカラーダイヤモンドの評価は難しく、知識と経験が豊富で、さらに相場情報にも敏感な鑑定士でなくては本当の価値が分からないダイヤモンドです。

カラーダイヤの鑑定

このように、ファンシーカラーダイヤモンドは希少価値のある素晴らしい宝石です。 同時にその価値の判断は難しく、正確な鑑定をするには非常に高いスキルが求められます。 もしファンシーカラーダイヤモンドを使用したジュエリーを買取に出すなら、必ず宝石の専門鑑定士がいるお店にしましょう。 ファンシーカラーダイヤモンドの真の価値を見定めるには、相応の力量が必要なのです。
買取福助には経験豊富なダイヤモンド鑑定のプロフェッショナルがおり、正確確実にダイヤモンドの価値を査定いたします。 ファンシーカラーのダイヤモンド買取なら、ぜひ福助にお任せください。

カメレオン・ダイヤモンドについて

ダイヤモンドといえば、まず無色透明で輝きが美しい宝石だと誰もが思うでしょう。
最近ではファンシーカラーと呼ばれる、カラフルなダイヤモンドも人気がでてきました。 ですが、ある条件で色が変わるダイヤモンドのことはご存知でしょうか。 色が変わる宝石として有名なアレキサンドライトのように、カラーチェンジするダイヤモンドがあるのです。

【希少な3つの性質】

ダイヤモンドのなかには、光や温度の変化によってはっきり色が変わるものがあり「カメレオン・ダイヤモンド」と呼ばれています。

カメレオン・ダイヤモンドは通常はグリーン系のダイヤモンドです。オリーブグリーンか、緑がかかったグレーの落ち着いた美しい色合いをしています。 ファンシーカラーダイヤモンドの希少性を考えると、それだけでも十分貴重な宝石といえるでしょう。

カメレオン・ダイヤモンドの場合は、さらに加熱や光を浴びることによって、鮮やかなオレンジイエローに変化します。 その変わり方はとてもはっきりしており、同じ宝石だとは信じられないほどです。 グリーンダイヤモンドだと思って梱包し、配達した先で箱を開けたらイエローダイヤモンドに変化していて驚いた、という話もあります。

また、ダイヤモンドの中には蛍光性をもつ石があり、光や紫外線を浴びるとわずかに発光します。 カメレオン・ダイヤモンドはその蛍光性に加え、短時間ですが光を遮断したあとも発光し続ける「燐光(フォスフォレッセンス)」という性質をも持っています。

このように、カメレオン・ダイヤモンドは「ファンシーカラー」「カラーチェンジ」「フォスフォレッセンス」という、1つだけでも珍しい性質を3つも併せ持った、非常に希少価値のあるダイヤモンドであることがわかります。

【カメレオン・ダイヤモンドは希少な天然の宝石】

カメレオン・ダイヤモンドの発見は比較的新しく、一般に紹介され始めたのは1940年代からといわれています。 そのせいか、カメレオン・ダイヤモンドのカラーチェンジはいまだに科学的に解明されておらず、人工では再現できません。 合成カメレオン・ダイヤモンドは今のところ不可能です。 つまりカメレオン・ダイヤモンドは、鑑別書を確認する必要がないほど確実に天然石といえるでしょう。 自然界の神秘を体現した希少な宝石。それこそがカメレオン・ダイヤモンドなのです。

ダイヤモンドがお好きであれば、ぜひ一度はカメレオン・ダイヤモンドをご覧ください。 ダイヤモンドが持つさらなる魅力に惹きつけられることと思います。

またカメレオン・ダイヤモンドをお持ちで買取りに出すなら、ぜひ買取福助にご連絡ください。 カメレオン・ダイヤモンドは珍しすぎるほど希少な宝石であるが故に、その鑑定には豊かな知識と経験が必要です。 当店にはご期待に添える力量を持った宝石専門の鑑定士がおりますから、お持ちのカメレオン・ダイヤモンドの本当の価値を、余すことなく査定いたします。 ダイヤモンドの買取ならぜひ買取福助をご利用ください。

  • 店頭買取
  • ライン査定
  • お問い合わせ

買取福助 銀座店

銀座店の外観

〒104-0061
東京都中央区銀座2丁目4-1 
銀楽ビル5階
◯銀座1丁目駅から徒歩1分!

電話:03-6263-0789
営業時間:11:00~18:00
定休日:日曜・水曜

銀座店の地図はこちら

買取福助 大岡山店

自由が丘近くの大岡山店の外観

〒145-0062
東京都大田区北千束3丁目26-14
◯自由が丘至近!大岡山駅から徒歩1分

電話:03-6425-9735
営業時間:11:00~18:00
定休日:日曜・水曜

自由が丘からの地図はこちら

営業カレンダー

トップへ戻る