ダイヤモンドの豆知識 | ダイヤ・宝石買取なら東京銀座・自由が丘で創業62年の福助へ

宝石・ダイヤの買取なら東京銀座・自由が丘の福助

ダイヤモンドの豆知識

ダイヤモンドの歴史や主な産出地、買取査定のポイントなどを詳しく解説しています。

ダイヤモンドの歴史

理科の授業で「炭素の固まりがダイヤモンド」と知ってビックリした人もいることでしょう。世界の鉱物の中でも極めて硬い性質を持っているダイヤモンドの語源もズバリ「征服不可能な、壊すことができない」というギリシア語から来ているほどです。
ダイヤモンドの歴史は古く、インドでは紀元前1000年ぐらい前に知られていたと言われています。川沿いの砂鉱床から産出されていました。長い間、中国からインドからローマといったシルクロードの国々で珍重されてきたダイヤモンドですが、19世紀半ばに南アフリカのキンバリーで巨大なダイヤモンド鉱山が見つかったことで世界的に愛されるようになりました。
やがて20世紀前半に南アフリカのダイヤモンド会社・デビアスが『婚約指輪=ダイヤモンド』というイメージ広告を発信したことで、一般市民にもあこがれの宝石となっていったのです。ニーズが高まったことでダイヤモンドの価格が飛躍的に高くなり、宝石の王様として今の位置まで上り詰めました。
ダイヤモンドにも天然と人工のものがあります。天然ダイヤモンドとして採掘される量は年間2.5トン程度と言われています。ダイヤモンドは研磨用やカッティング用に人工製造されるのも特徴的な宝石です。人工ダイヤモンドはアクセサリーにも使われますが、天然ものと見分けが付かないほどクオリティーが高くなっています。

ダイヤモンドの性質

ダイヤモンドといえば地球一硬い物質として知られています。モース硬度でも10という最高ランクに分類されており、アクセサリーとして使うときも多少の衝撃や摩擦を気にしなくていいという安心感があります。
人工ダイヤモンドはその性質から工業用として盛んに利用されているほどです。ダイヤモンドは他の金属や石ではカッティングできないため、同じダイヤモンドを使って削ったりデザイン加工されるのも面白い特徴です。

硬さのほか、ダイヤモンドには高い屈折率が宝石としての魅力を生み出しています。光が宝石内部に入ったとき、さまざまな方向に光が反射します。カッティングの仕方によって美しい輝きを生むダイヤモンド。虹のような光が見えるブリリアンカットはダイヤモンドのデザインでも根強い人気があります。

また、意外に思われるかも知れませんがダイヤモンドの大半はイエローやベージュの色味があるカラーダイヤモンドです。もちろんダイヤモンドといえばクリアな透明感が魅力的なだけに価値は劣ります。
しかし、色が付いていてもブルーダイヤモンドやピンクダイヤモンド、グリーンダイヤモンドといった種類は数が少ないため高い評価が与えられます。映画のモチーフにもなったブラックダイヤモンドも宝石としての価値が優れているとして透明なダイヤモンドよりも高い値段が付けられていることもしばしばです。

ダイヤモンドの産地

近代的なダイヤモンドの歴史は南アフリカから始まりましたが、現在の世界的な鉱山はロシアやボツワナ、コンゴがトップ3を占めています。これに南アフリカとカナダを加えた6つの国の産出量が非常に豊富で、実に世界のダイヤモンドの9割以上を占めています。

【ダイヤモンドを産出する主要な国】

ダイヤモンドの鉱山を持つ国自体は世界に数多く点在していますが、宝石として使用できる原石が多く産出する国は限られてきます。
実は、ダイヤモンド原石の80%は工業目的に使用され、宝石としてジュエリーを飾る石はたった2割程度に過ぎず、ダイヤモンドはやはり希少な宝石なのです。宝石品質のダイヤモンドが産出する有名な国は以下の通りです。

・ボツワナ
・南アフリカ
・ナミビア
・コンゴ民主共和国
・アンゴラ
・ロシア連邦
・カナダ
・オーストリア
・シエラレオーネ

ダイヤモンドは産地による特徴の違いよりもそれぞれの個体差が大きいと言われています。ロシア産のダイヤモンドの透明度が優れているという評価もありますが、その他の産地でも透明度で上回る石もあります。現在、ロシア産の産出量が世界トップのため数が多い分、品質の高い石も市場に流通しているということかもしれません。

【ダイヤモンド産出国の特徴】

産出する原石の総金額が多い国はボツワナ、ロシア、南アフリカです。 つまりこれらのダイヤ産出国は、産出量と品質を備えているバランスが良い鉱山を抱えているといえます。 しかし、長年ダイヤモンド産出国の代名詞だった南アフリカは鉱山が枯渇してきた関係もあり、徐々に産出量を減らしてきました。 今後カナダやアンゴラがさらに伸びてくると、南アフリカは順位を下げるだろうといわれています。
産出量が多いのはボツワナ、オーストラリア、ロシアが挙げられます。 オーストラリアは小粒や品質が悪い原石が多い鉱山が中心で、産出量の割にあまり国名が知られていませんでした。しかし、最近では注目されつつあります。
実はオーストラリアは珍しいピンクやブルー、グリーンといったファンシーカラーダイヤモンドが産出するのです。現在のジュエリー界では、色が鮮やかなファンシーカラーダイヤモンドは、無色透明のダイヤモンドに匹敵するほど評価が高くなっていますので、今後が楽しみな産出国といえるでしょう。 埋蔵量ではカナダやアンゴラにも期待が寄せられています。 しかし、アンゴラの場合は鉱山開発を行っている会社の規模が小さいことと、現在も反政府勢力の資金源になっている可能性が高いため、なかなか発展しないようです。
原石の平均単価が高い国は、ナミビア、シエラレオーネで、少し差が開いてアンゴラとカナダが上位に名を連ねます。 ナミビアもシエラレオーネも産出量は世界ダイヤ産出総量の1%前後ですが、宝石品質のものが40~70%も出るのです。 通常、宝石に加工されるダイヤは産出量の20%前後ですから、その高品質の割合が素晴らしいことがわかります。

【今後注目の産出国】

現在のダイヤ産出国としてトップクラスにあるのはボツワナ、ロシアです。 しかし、追従するカナダやアンゴラは質量ともに期待できる鉱山が未開発の状態で残っており、今後ダイヤモンド産出国のトップに躍り出るかもしれません。
また、別の視点ではオーストラリアにも注目するべきでしょう。 ファンシーカラーダイヤモンドの中でもさらに希少なピンクやブルー、グリーンカラーは、他国の鉱山ではほとんど産出しません。オーストラリアは通常のダイヤモンドとは別の特殊なダイヤモンドがとれる国なのです。
このように、一口にダイヤモンドといってもその原石の品質は国や鉱山によって違い、高い品質や希少な特徴を持つダイヤを産出する鉱山は珍しく貴重です。 ダイヤモンドを選ぶときに、産出国や鉱山の情報に注目してみるのも面白いですよ。

ダイヤモンドのグレード

ダイヤモンド買取の評価基準として、よく引き合いに出されるのが品質評価基準の『4C』です。これは、[CUT(研磨)・CLARITY(透明度)・COLOR(色)・CARAT(重量)]のそれぞれのCからネーミングされた目安です。
ダイヤモンドといえばカラットが価値の基準として利用されますが、実際はカッティング加工の技術や透明度の高低、無色に近いかどうかといったさまざまな観点から評価されています。とくに原石からいかに美しい輝きが生まれるようカッティングできるかという職人の腕は工業化が進んだ現代でも非常に重視されているポイントです。
そして、不純物の量によってカテゴライズされるタイプ1型とタイプ2型という基準も近年注目されています。とくに窒素やホウ素といった不純物を含まないタイプ2型はダイヤモンド全体の2%程度とされており、極めて希少性が高いと珍重されています。

ダイヤモンドの石言葉

エンゲージリングにも多用されるダイヤモンドは、永遠の愛、純血無垢、貞節、不変など、愛のロマンスと結び付けられる宝石言葉が揃っています。
パワーストーンの立場からは精神的にも肉体的にもヒーリング効果が高く、人生を前進させる力があるとされています。その透明で光を放つ特徴からあらゆる魔を払い、正しい道へと導く御守りとしても古くから活用されています。美容や健康へのプラス効果もあると信じられています。

ダイヤの硬度

ダイヤモンドは硬度10であり、宝石のなかでもっとも硬いとされていることは有名です。 この「硬度10」とは、いったいどんな硬さを表しているのでしょうか。

宝石の硬さを示す尺度として一般的に使用されているのは「モース硬度」と呼ばれています。 ドイツの鉱物学者であるフリードリッヒ・モースが考案したことから名づけられました。 このモース硬度が示しているのは「引っかき傷のつきにくさ」。ジュエリーの取扱いを考慮して言いかえれば「擦り傷のつきにくさ」です。

【モース硬度とは?】

モース硬度は、ある物質で宝石を引っかいたときに傷がつくかどうかを、大きく10段階に分類します。 それぞれの標準物質として、以下の10樹類の鉱物が挙げられます。

1:滑石
2:石膏
3:方解石(カルサイト)
4:蛍石(フルオライト)
5:燐灰石(アパタイト)
6:正長石(オーソクレーズ)
7:石英(水晶)
8:黄玉(トパーズ)
9:鋼玉(ルビー、サファイア)
10:金剛石(ダイヤモンド)

一般に宝石として扱われている鉱物は、硬度6から7以上のものです。6未満の宝石もありますが、傷がつきやすく扱いには注意が必要になります。 モース硬度は互いにこすったときに傷がつくかどうかという相対的な尺度なので、1硬度の差が必ず2倍の硬さを示すわけではありません。 特に硬度10のダイヤモンドと硬度9のルビー・サファイアの差は大きく、他の硬度単位(ロージバル硬度)で比べると約140倍にもなります。
このように、確かにモース硬度10のダイヤモンドは他の宝石に比べて一線を画するほどの硬さですが、あくまでも「他の宝石でこすっても傷がつかない」ことを示しているだけです。 モース硬度は、割れないことを保証している数値ではありません。
さらにいうと同じ硬度なら傷をつけることができます。最高の硬度を持つダイヤモンドを研磨できるのは、同じダイヤモンドの粉を使うからです。 ダイヤモンドジュエリーを宝石箱のなかで混ぜて保管すると、互いにこすり合って傷つく場合があります。

  • 店頭買取
  • お問い合わせ

買取福助 銀座店

銀座店の外観

〒104-0061
東京都中央区銀座2丁目4-1 
銀楽ビル5階
◯銀座1丁目駅から徒歩1分!

電話:03-6263-0789
営業時間:11:00~18:00
定休日:日曜・水曜

銀座店の地図はこちら

買取福助 大岡山店

自由が丘近くの大岡山店の外観

〒145-0062
東京都大田区北千束3丁目26-14
◯自由が丘至近!大岡山駅から徒歩1分

電話:03-6425-9735
営業時間:11:00~18:00
定休日:日曜・水曜

自由が丘からの地図はこちら

営業カレンダー

トップへ戻る